読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報や、ちょっぴりスピリチュアルな話まで幅広くお伝え

ウツシ®には教科書はありませんし、複雑なシステムをマスターする必要もありません!が・・・

ウツシ

f:id:hirokitune:20160821141601j:plain

昨日午後~本日朝にかけて四国のウツシ®スクールにお邪魔してきました。

 

昨年の9月にスタートした4名の方が、1年の内の11ヶ月目を迎えており、来月に卒業といことで、講義も最終段階にはいっておりました。

 

来月(2016.09)にはいよいよ新たに4名のウツシ手が誕生予定です!

 

ちなみに、よくどんなことを学ぶのですかと。よく聞かれますが・・・

 

ウツシ®というのは人体の解剖学的なことを学んだりはしませんし、特定の教科書を使って知識を身に着けるということもしません。

 

これだけ聞くと、とても簡単そうに聞こえますが、実は教科書などがないということは、とても自由度が高い半面、自分で考えながら学んでいく必要があります。

 

f:id:hirokitune:20160821141425j:plain

 

日本の教育では決まったことを暗記することが求められ、自分で考えたり、応用したりということは殆ど求められませんので、

 

日本人の場合、教科書通りにやる方が断然楽という方が大多数だと思います。

 

しいて言うなら、ウツシ®にとっての教科書は自然そのものです。この宇宙で起こるすべての現象から、個々が気づきを得て学ぶことが大切なのです。

 

それは(正しいかどうかも怪しい)教科書をまる覚えしたのとは、まったく違う次元での学びとなります。

 

もちろん、人によって同じ現象でも解釈が異なります。それは、それで良いのです。

 

そして、その気づきを得るためのサポートとして、先人達の智慧や知識をお借りするのが本来の学びなのだと思います。(そのため、色々な本を読むことはとても大切です。)

 

ウツシ®は、教科書がないだけではなく、技法自体も単一シンプルです。

 

これも一見すると、簡単そうに見えますが、

 

単純な分、奥が深いのです。

 

一般的な手技療法は、色々なケース(症状など)に対応しようと技術自体を複雑にしていく傾向にありますが、ウツシ®の場合は逆です。

 

極限まで無駄を省きシンプルにすることで、色々なケースどころか、すべてを包括できるように進化しました。

 

そして、最大限の結果を最短で出すという点において複雑化ではなく、シンプル化を選んだという点においても類稀なる技法です。

 

つまり、1年のウツシ®コースを修了するということはゴールではなく、ようやくスタート地点に立っただけということですね(^^) 私自身もそうでした。

 

そこからは、一人ひとりが気づき・学びを深めていき、より高い結果を引き出せるように日々鍛錬していく必要があります。

 

これには終着点はなく、一生涯学びつづけることで、「ありえない」という奇跡的な現象を引き起こすまでに達すると確信しています。

 

また詳しく書きますが、来月にはドイツのカイロプラクティック協会の集い(数百人規模)において、ウツシ®がドイツ全土に向けて発表されます。

 

これにより、ヨーロッパにおけるウツシ®の広がりは一気に加速していくでしょう。

 

ヨーロッパという、日本とは異なる文化・風土でウツシ®が時間をかけてどのように進化していくか楽しみでなりません。

 

ますますウツシ®から目が離せませんよ♪

 

ちなみに、学びたいな~という方は、直接フジブチスクール事務局までお問い合わせください。