読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報や、ちょっぴりスピリチュアルな話まで幅広くお伝え

目指すは江戸時代のような循環型の社会

その他

f:id:hirokitune:20160814103411j:plain

 

昨日、もし地球の環境破壊・汚染がギリギリまで言った場合、私たちの生活は「どうなるか?」、そうならない為には「どうしたらよいか?」ということを書きました。

 

目指すのは環境を破壊しない循環型の社会なのですが、そのモデルとなるのが江戸時代の日本ではないか思います。

 

f:id:hirokitune:20160814103502j:plain

 

昨日の車に引き続き、今日はその他の点を見ていきましょう。

 

自動車以外に改善しなければならない点といえば、何が思いつきますでしょうか?

 

昨今、”断捨離”という言葉を耳にする機会が増えました。余計なものを捨てて、最低限度のモノで暮らす”ミニマリスト”という人も流行っているそうです。

 

私たちは、明らかに必要以上のモノに囲まれて生活しています。

 

それも、ほとんどが石油などを原料とした工業製品ではないでしょうか?

 

地球環境を考えると、この点も改善していかなければなりません。

 

それらの製品を作るのには、環境への負担があまりにも大きいですし、捨てた際にも自然界にないモノに加工してしまっているので、土には還らず地球を汚してしまします。

 

f:id:hirokitune:20160814103642j:plain

 

なので、危機的状況では有害なゴミを減らすということも兼ねて、真っ先に工場を閉鎖していくはずです。

 

とくに有害なガス・排水をだす工場などは即閉鎖になるはずです。(それにより周辺住人は健康になります。笑)

 

f:id:hirokitune:20130228234334j:plain

 

 

当然それによって、身の回りの工業製品が不足することが予測されますが、危機的状況では致し方ありません。

 

そうなると、石油でできていたモノ(プラスチックなど)は、昔ながらの木材を使った製品に置き換えられます。

 

例えば、風呂の桶なんかは、ほとんどの家庭が石油製(プラスチック)でしょうが、これも、昔ながらの桶屋さんの手作りの木の桶に戻ります。

 

少々値段は高いですが、その分大切に長く使えて良いのではないでしょうか(^^)

 

ちなみに、日本では間伐材が余っている状況なので、木材の使用は問題ないでしょう。

 

石油製品に囲まれて暮らすよりも、天然の木材に囲まれて暮らす方が健康にも精神的にも良いに決まっています♪

 

さらに、工場をすぐに減らさなければならない理由が、エネルギー消費です。

 

皆さん、節電・節電とよく言われますが、実は日本では家庭のエネルギー消費は全体の14.2%(2011年度)にしかすぎません。

 

地球環境を考えての各家庭での節電というのは、実はそこまで大きな効果を発揮しません。(とはいえ、やらないよりはマシです。)

 

では、どこで大量のエネルギーが浪費されているのでしょうか?

 

もちろん、工場などでです。

 

産業部門のエネルギー消費は、なんと全体の42.8%(家庭でのエネルギー消費の合計の約3倍)を占めます。その点においても、工場関係を真っ先にどんどん閉鎖していく必要があります。

 

残念ながら職を失った方は、新たに復活した職に転職するとよいでしょう。(桶屋さんとか)

 

ただし、工場でも環境を汚さないように、機械類を使わず手作業で作る、昼間は太陽の光を取り込み電力を使わないようにするなど、昔ながらの方式に切り替えていけばギリギリまで存続可能かと思います。

 

危機的状況では、TVなど電化製品が買えないとか、海外製の安い服が手に入らないなど言っている場合ではありません。そもそも人類&他の生命の存続がかかっているのですから。

 

今まで現代人が、じゃんじゃんモノを作っては捨ててを繰り返したツケを支払わなければありません。

 

それに、電化製品がなくなると良いメリットも沢山あります。

 

まず、家族の会話が増えるでしょう。

 

家族団らんの時間でも、TVがついていると会話が弾みませんし、子供はスマホやゲームに夢中で家ではほとんど喋らないなんて家庭も多いと思います。

 

これらの問題もオールクリアです!余計な出費も抑えれて一石二鳥です♪

 

f:id:hirokitune:20160814105554j:plain

 

TVがあれば暇つぶしにもなるし、スマホがあれば便利ですけど、それと引き換えに何か大事なものを失っているのは間違いありませんね。

 

さらに、電化製品が減ると電磁波の害も大幅に軽減するので、長年不調に悩まされていた人が急激に回復したりという可能性も大です。

 

今日は書きませんが、電磁波がカラダに与える影響というのは、皆さんが考えているより遥かに大きいのです。

 

おっと、話が長くなってきましたので、今日はこの辺で失礼します!

 

ではでは

 

 

tune-kobe.com