読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報などを幅広くお伝え(2017年5月に終了し、新ブログに移転しました。)

あなたは大丈夫? じつは多くの人が〇〇不足です!?

f:id:hirokitune:20151213101427j:plain

現代人は今だかつて人類が経験したことのないぐらい様々な問題にさらされています。

 

一昔前では、存在しなかった疾病や、アレルギー、原因不明の体調不良などに悩まされる方の数は増えるばかりです。

 

現代医学が発展しているはず(?)なのに、どうしてこんなにも不調や病気で悩まされる人が増え続けているのでしょうか?(今回は、医学の是非は無視です。。)

 

その原因が”電気不足”にあると言ったら驚かれますか?

 

私は、真剣に現代人の抱える一番大きな問題は電気不足にあるとおもいます。

 

「そんな、電子機器じゃあるまいし・・・。電気なんかが人体に関係するはずないでしょ?」と思われる方がほとんどでしょう。

 

しかし、実は人間というのは超精密な電子機器のようなものなのです。

 

皆さんも、健康診断やらで心電図や筋電図を測ったことがありませんか?

 

どちらも、”電”という漢字が入るだけあって、心臓や筋肉を動かしている、人体を流れる微弱な電気信号を計測しているのです。

 

実は人間の体は、脳からの電気的な信号でコントロールされているのです。

 

それだけではありません。

 

食べたものから栄養を取り込んだりするのも電気的なやり取りによるものですし、それどころか、耳で音を聞いたり、目で景色を見たりするのも、電気信号によるものです。

 

人間にとって電気というのは、欠かすことのできないものなのです。

 

さぁ、ここまで理解いただいたところで、もし仮に人体に電気が不足するとどうなるでしょうか?

 

ちゃんと機能しないだろうということが、予想できますね。

 

電気的なエネルギーによって生かされている私たち人間にとって、電気不足というのは致命傷なのです。

 

ここでちょっとカタカムナ文献である相似象から少し引用させていただきますね。

 

現代人の常識では、栄養と言へば、蛋白質澱粉ビタミン等をさすが、「栄養」の、最も支配的な役割を果たすものは、「電気」である、というのがカタカムナ人の直感である。たしかに、蛋白質澱粉等の栄養物質を食べても、それを消化し、吸収し、運般するハタラキは、電気現象によるのである。電気が欠亡すれば、栄養物質をとっても身の養ひにはならず、精神的にも元気を失ふ。心身の病ひの最大の要因は電気欠亡である。

 

我々にとって最高の栄養は電気の補給である。

              相似象(第四号P.206)より

 

このように、上古代人であるカタカムナ人は直感していたようです。

 

そして、私たちは様々な方法で電気的なエネルギーを補給して生きているのです。

 

例えば、人体同士の接触・・・

誰かに手を触れれば、エネルギーの高いほうの人から、低いほうの人へエネルギーが流れます。(電位の高い人から電位の低い人へ電子が移動します。)

 

この場合、エネルギー不足の人はエネルギーを補給することができます。

 

逆に、高いほうの人は奪われちゃいますが、また補給すれば大丈夫です♪(とくに男性は女性より電気的な特性により、電気不足になりやすいようなので要注意です。)

 

 

環境からも・・・

神社やパワースポットとよばれる、エネルギーの高い場所にいけばエネルギーの補給ができます。(電位の高いイヤシロチと呼ばれる場所では、マイナスイオンが豊富で人体に電子を取り込むことができます。)

 

地球からも・・・

地面に素肌で触れることによって、大地からエネルギーを補給できます。

(地球と電気的に繋がることによって、地球から電子を補給できます。)

これは、アーシング、またはグラウンディングといって簡単にエネルギーチャージできる方法です。

地球と電気的に繋がることで、体内が電気的に安定するそうです。裸足で地面や芝生に30分ほど立つとよいそうです。

※地球は雷や雨で常に電気を補給しているので、地球が電気不足になることはありません。

 

ウツシでも・・・

電気(イカツ)の元となるアマ始元量を補給すること(アマウツシ)で、結果的に電気的なエネルギーで満たされるのではないかと解釈しています。(さらに、難しい話をすると、皮膚面に損傷電位を起すことによって、マイナスの電子を集めるという現象も起きます。)

 

機械でも・・・

電子チャージャーという機械で直接的に人体に電気エネルギー(電子)を充電する方法もあります。物質であればほとんどのモノにチャージすることが可能なので、農業・畜産をはじめ、レストラン、治療院など様々なところで活用されています。(ちなみに、当オフィスでも休息用のベッドに導入しております。)

 

 

いかがですか?

 

じつは、様々な方法で電気不足を解消することが可能なのです!

 

カラダにしっかりと電気を充電することで、初めてカラダに備わっている本来の機能(能力・潜在能力)を使いきることができます。

 

一人でも多くの人が電気不足を解消して、 より健康で充実した毎日をすごしてほしいですね♪

 

 

 

お知らせ

f:id:hirokitune:20140904164358j:plain

2015年12月26日(土)神戸・元町の玄米カフェ・セラフィック春貴さんにて出張ウツシを開催します!どなたでも参加可能です。

参加ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。℡ 078-967-1220

 

⇒詳しくはFacebookページにて

 

 

この記事のアイコンDesigned by Freepik