読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報などを幅広くお伝え(2017年5月に終了し、新ブログに移転しました。)

今更ながら”ウツシ誕生秘話” 後編

f:id:hirokitune:20150727105405j:plain

 さて、今日は前回の続きです。まだ読んでいない方はこちら⇓

hiroki-tune.hatenablog.com

 

前回、2014年6月時点でのFUCAシステムの最新のテクニックがFUCAーTIRA(ティラ)だったということと、TIRA(ティラ) が骨を調整しない、カイロプラクティックの常識(掟?)を破るテクニックだったというのもお伝えしましたね。

 

そこで、このTIRA(ティラ)の存在がどのようにしてウツシにつながったのかというのが今日の話です。

 

2014年6月というと、アメリカから6名のカイロプラクティック大学の現役の学生が四国・高松の藤渕先生のもとへFUCAシステムを学びに来日したという出来事がありました。

 

ちなみに、カイロプラクティックの本場であるアメリカから日本に日本人のオリジナルテクニックを学びに来たというのは異例中の異例です。

 

日本のすし職人が、海外に外国人から握りの技術を学びに行くようなものです。

 

それはさておき、そのセミナーの最中の、参加者のひょんな一言から一気にカイロプラクティックを脱皮することとなったのですが・・・

 

あれは、セミナーの最終日でしたでしょうか・・・(ちなみに私もサポーターとして参加しておりました。)

 

連日の熱い学びで、その頃には会場のボルテージが最高潮に達していました。

 

異様な雰囲気の中、藤渕先生が参加者にTIRA(ティラ)を連発していたのですが・・・

 

受けた後に全身が痙攣する人がいたり、温泉上がりのようなトロトロの表情になる人がでたり、強烈な幸福感を感じる人がいたり・・・

 

カイロプラクティックという物質(骨)を対象としたメソッドでは起こりえないはずのことが次から次へ起こり始めました。

 

じつは、以前からTIRA(ティラ)を受けた方のその後の変化には驚くようなものも沢山あり、私たちもうすうす感じていたことが一気に表現となって表れたという状態でした。

 

そこで、参加者の一人が発した言葉・・・

 

「これはカイロプラクティックのアジャストメント(調整)じゃなくて、ドラックみたいだ!」

 

そのアメリカ人が本当にドラックを経験したことがあるのかどうかは知る由もありません。

 

しかし、その一言が、藤渕先生に直感・直観をもたらしました。

 

「これは、カイロプラクティックじゃない!何かもっと別の、すごいモノに違いない!」と思われたそうです。

 

セミナーが終わり参加者が帰国すると、すぐに藤渕先生は以前から熱心に読んでいた「カタカムナ文献」に関する本を読みなおし始めました。(⇒カタカムナについてはこちらの過去記事を読んでください。)

 

そこに、カタカムナ人という超古代の人が、大自然・宇宙からエネルギー(フリーエネルギー)を体に取り込んだとき・・・

この時、延髄辺りに痺れるように感じたり、脳の中心からピーンと伸びる様に感じるのは、一種の電気的微波動であり、人によっては、瞑想やヨーガ、麻薬、喫煙、一種­の­エ­ク­ス­タシー感などの恍惚感に相似している。

と書かれていました!

 

まさに、これがあのセミナーで、場のエネルギーが最高潮に達した際に、TIRA(ティラ)を受けた参加者が体感したこととそっくりなんです!

 

そして、カタカムナ人という超古代の人は、エネルギーが体に充電されることを、アマウツシ・カムウツシと呼んでいました。

 

そこから、このカイロプラクティックの枠を超えてしまった新しい名無しの技法は、ウツシ”と命名されました。

 

なんと、藤渕先生は長年のストレートカイロプラクティックの実践と、その類稀なる直感力のヒラメキによって、超古代のカタカムナ人のいうエネルギー補給方法をウツシという新しい技法として現代に甦らせたのです!

 

まさに天才の成せる偉業ですね。。(自分の師匠なのに手前味噌でごめんなさい!)

 

こうして、2014年6月にウツシは誕生したのです。

 

ちなみに、 TIRA(ティラ)は、ウツシとは明確に分けられた別の技法として残されることとなりました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

参加者のひょんな一言、藤渕先生の一瞬のヒラメキによってウツシはカイロプラクティックの殻を破り、世に全く新しい技法としておくりだされたのです。

 

今現在、日本各地に10を超えるウツシを受けることが出来るオフィスがあり、今も数が増え続けています。

 

海外にも展開が始まっていますし、世界のスタンダードになる日もそう遠くないかもしれませんね!

 

※最後に、ドラックなど一部不適切な表現を使わざるを得なかったことをお詫び申し上げます。当然ではありますが、ウツシとドラックの関係は一切ありませんし、施術において使用されるということは断じてありませんので、ご理解くださいませ。

 

 

筆者のオフィスPR

f:id:hirokitune:20140904164358j:plain

神戸市西区の[FUCA-ウツシ]を提供する関西唯一のオフィス
あなた本来の能力をフルに発揮して、あなた本来の人生を手に入れませんか?
お問合せはお気軽にどうぞ!
ホームページ http://tune-kobe.com/

 

この記事の画像Designed by Freepik