読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報などを幅広くお伝え(2017年5月に終了し、新ブログに移転しました。)

今更ながら”ウツシ誕生秘話” 前編

f:id:hirokitune:20150721105008j:plain

今、国内はもちろん世界中から注目をあつめている技法”ウツシ”ですが・・・

 

最近よく、「どのようなキッカケで誕生したの?」と聞かれることが多くなってきました。

 

今までは、カイロ・整体のひとつのテクニックと思われる方が多かったのですが・・・

 

ここのところ”ウツシ”という全く新しいジャンルが浸透してきた証拠ですね。

 

私自身も、明確にウツシとはこういうもの、というのを伝えれるようになってきました。

 

さて、今日は今更ながらですが、恐らく過去にはお話していなかった、ウツシ誕生の秘話をお話ししたいと思います。

 

ウツシが誕生したのはちょうど今から1年前の2014年6月です。

 

その頃の、FUCAシステム(藤渕先生オリジナルのテクニック)の最新の技術は、FUCA-TIRA(ティラ)というもので、カイロプラクティックの技術として提供されていました。

 

しかし、それは通常のカイロプラクティックのテクニックとは違い、骨(背骨)にアプローチしないという異質なものでした。

 

しかし、TIRA(ティラ)の目的はあくまでサブラクゼーションという首の骨のズレによる神経伝達の妨害を取り除くことです。

 

骨にアプローチしないで骨を動かす!?

 

そんなこと出来るわけない。

 

というのが、普通の考えでしょう。

 

しかし、藤渕先生は大自然、宇宙、生命の法則を読み解き、物理的な刺激は必要ないと考えました。

 

体に備わる自然な力を引き出すことで、自分自身の力で骨のズレを正せる。と考えました。もしろ、それでしか本当に正しい位置に戻すことはできないと考えました。(これは、カイロプラクティックの発展者・BJパーマーの教えでもあるのだそうです。)

 

詳しくは省略しますが、TIRA(ティラ)は、その特異性により、施術者の考え方次第で、”カイロプラクティック”にもなりえるし、”カイロプラクティックではないモノ”にもなりえました。

 

つまり、神経伝達の妨害(サブラクゼーション)にフォーカスすれば骨(椎骨)を調整しなくても、それはカイロプラクティックとなりえる。という考え方と・・・

 

骨を調整しないのであれば、それはカイロプラクティックではない、とう考え方。

 

人によって考え方も解釈も異なるのでどちらが正しいとは言えませんね。

 

※ここでいうカイロプラクティックは一般的に浸透しているカイロではなくて、伝統的なストレート・カイロプラクティックのことです。

 

さて、TIRA(ティラ)の説明がずいぶん長くなってしまいましたが、ウツシ誕生を語るにはココを理解してもらう必要があるのです。

 

勘の良い方は気づかれたかもしれませんが、このカイロプラクティックであり、カイロプラクティックではないTIRA(ティラ)の特異性が、”ウツシ”の誕生にとって重要なポイントとなりました。

 

おっと・・・気が付けば、今日は、ずいぶん専門的な話になってしまいましたね。。

 

長くなりましたので、誕生秘話は次回に持ち越したいと思います。

 

次回は、ウツシ誕生のキッカケである、アメリカから来た6名の現役カイロプラクティック大学の学生の言葉をお話しますね。

 

 

 

筆者のオフィスPR

f:id:hirokitune:20140904164358j:plain

神戸市西区の[FUCA-ウツシ]を提供する関西唯一のオフィス
あなた本来の能力をフルに発揮して、あなた本来の人生を手に入れませんか?
お問合せはお気軽にどうぞ!
ホームページ http://tune-kobe.com/

 

アイコンDesigned by Freepik