読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報や、ちょっぴりスピリチュアルな話まで幅広くお伝え

FUCA-UZSHIという技法への脱皮

f:id:hirokitune:20141121125210j:plain

こんにちは。TUNEの常川です(^^)/

 

今日は11月下旬とは思えないほどの陽気で、とても良い朝を迎えております♫

 

上のロゴは私の実践するFUCA-UZSHIという技法(作法)のシンボルとなるロゴで、先日、創始者の藤渕啓介氏により制作されました。

 

じつは、このシンプルなロゴの中にはとても深い意味が込められているんですよ!

 

 

-----------------------------------------------------------------------

さてさて、先日11月19日、20日とFujibuchiスクールの講義に出ておりました。

 

全12回の講義のうち11回目が終了しました。

 

そう、つまり講義は来月のあと1回を残すのみとなりました。

 

おもえば1年前に入門した際のスクール名はFujibuchi School Of Straight Chiropracticで、その名の通り、世界でも非常に稀な”ストレート”カイロプラクティックのスクールでありました。

※ストレートカイロプラクティックとは一般的なカイロとは異なり、オリジナルのままの、脊椎サブラクゼーションというカイロプラクティック独自の目的を忠実に追い求めるカイロプラクティックです。現在では継承者も非常に少なくなっています。

 

しかし、そこから派生したFUCA-UZSHIというあたらしい技法にスクールの講義自体が自然と移行していった為、当初の目的であるストレートカイロプラクティックを学び実践するということからは結果的に外れていくこととなりました。

 

もちろんそれは脱皮であり、自然な流れであり、必然であったのだと思います。

 

そんなこんなで、私と同期の2名のカイロプラクターは幸運なことに、FUCA-UZSHIの第一期生として講義を受けることができています。

 

そして来月2014年12月に第一期生として卒業を迎えることとなります。

 

もちろん、FUCA-UZSHIはカイロプラクティックではないため、私たちはカイロプラクターではなくなります。

 

そして、この新しい技法については以前からこのブログにて紹介してきましたが、まだまだ生まれたばかりの技法で未知数な部分も多く、私たちでもすべてを理解しているわけではありません。

 

しかし、常識では考えられない事象(もちろん良い方の事象です。)が起きているという事実があります。

 

この無限の可能性を秘めたFUCA-UZSHIとともに、これから歩んでいけることを誇りに思い、日々わくわくした楽しい日々を送っていきたいと思います。

 

もし、少しでもご興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

人生を豊かにするキッカケになれるかもしれません。

 

今日は個人的な内容になりましたが、このへんで失礼したいと思います。

 

ではでは

 

 

筆者のオフィスPR

f:id:hirokitune:20140904164358j:plain

神戸市西区の[FUCA-UZSHI]を提供する関西唯一のオフィス
健康で豊かな毎日をおくるキッカケがここにあります。
ホームページ http://tune-kobe.com/