読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報などを幅広くお伝え(2017年5月に終了し、新ブログに移転しました。)

多くてもいいのは休息時間だけ

カイロプラクティックには数え切れないほどのテクニックが存在します。

 

ストレートカイロプラクティックに絞っても、まだ沢山のテクニックが存在します。

 

その中で、私は現在、シャーマンニーチェストスタイルというテクニックを取得するために日々練習を重ねています。

 

(ニーチェストというテクニックでは、ニーチェストテーブルという、ひざまずいて、四つんばいで寝転ぶタイプのテーブルを使用しアジャストメントします。)

 

 

アメリカのDr.シャーマンにより確立されたのがシャーマンニーチェストスタイルです。

 

このシャーマンニーチェストというテクニックは数あるニーチェストテクニックの中でも基本となるものです。

 

まずはこの基本をしっかりと理解することが大切であり、私の場合、今後のストレートカイロプラクティックの実践をする上での基礎となります。

 

しかし、残念ながら世界中探しても、現在このシャーマンニーチェストを使いこなせるカイロプラクターは、ごくごく僅かです。

 

その中、シャーマンニーチェスト誕生の地アメリカから遠く離れた、ここ日本で、私の師匠でもある藤渕啓介氏が後世にシャーマンニーチェストスタイルを残すため、セミナー等で普及活動に取り組んでおられます。

 

私もシャーマンニーチェストを学び、継承するため取り組んでいる数少ない一人です。

 

 

このシャーマンニーチェストのアジャストメントは他のカイロプラクティックのテクニックとは大きく異なります。

 

 

まずは、アジャストメントに要する時間が圧倒的に短いです。

 

わずか1分足らずのあいだに終了します。ほとんどのケースで1回だけ1箇所のみの調整で済みます。

 

そして、初めて受けた方は、何をされたかさっぱり分からないぐらいの低刺激です。

 

アジャストメント後は、ベッドに横になり、たっぷりと休息します。5分~10分の短時間ではなく、個人差はありますが、30~90分の長時間で、それ以上になる場合もあります。

 

 

 アジャストメントに要する時間は短ければ短いほうが良いです。

 

 

アジャストメントにおける刺激は少なければ少ないほうが良いです。

 

 

さらにいうと、事前の検査にかかる時間も刺激も、(正確な検査をした上で)少なければ少ないほうが良いです。

 

 

少なければ少ないほど、効果が大きくなります。多くてもいいのは休息時間だけです。

 

 

一般的には理解しがたいかもしれませんが、これが事実です。

 

 

時間をかけて、あちこち検査し、時間をかけて出来るだけ多くの箇所を、強い力でアジャストメントする。

 

された方は、された感があるので、それだけで満足するかもしれません。

 

または、これだけされたから効いたに違いないと思い込むかもしれません。

 

残念ながらカイロプラクティックでは、その一般的な常識は通用しません。

 

 

なぜならカイロプラクティックは自然の法則に従っているからです。

 

 

???な人も多いと思いますので、また次の機会にそのあたりを書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

いつも応援ありがとうございます!

 

ストレートカイロプラクティック TUNE

 

2014年8月開業予定です!

 

ホームページ http://www.tune-chiropractic.com/