読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報などを幅広くお伝え(2017年5月に終了し、新ブログに移転しました。)

アジャストメントとコレクション

2014年2月5日~6日の2日間

Fujibuchiスクール 第4回目の講義を受けてきました。

早いもので、全12回の講義中、三分の一が経過しました。

しかし、あと8回もあるため、まだまだ学ぶこともいっぱい残っており、どこまで成長できるか楽しみでなりません!

 

さて、少し難しい話になりますが、今回学んだことの一部を紹介したいと思います。

 

 

FUCA(Fujibuchi Upper Cervical Adjastment)による、フルスパインのコレクション

 

 

※フルスパインの場合、アジャストメント(調整)ではなくコレクション(矯正)と呼びます。

それは、脊椎サブラクゼーションは上部頚椎のみにおこるとされているため、それ以外はミスアライメントと呼びます。

したがって、調整もアジャストメントではなく、コレクション(日本語にすると矯正)と呼びます。

 

少し専門的な話になってしまいましたが、一般の方にも分かりやすく説明していきましょう。

 

 

FUCA(Fujibuchi Upper Cervical Adjastment)とは?

 

FUCAとは私の師匠である藤渕啓介先生により創りだされたテクニックであり、アメリカのDr.シャーマンのシャーマンテクニックを元に、それをさらに進化させたテクニックです。ニーチェストと呼ばれるテーブルを使用し、ひざまずいて四つんばいになってアジャストメントを受けます。アジャストメントはたった一度だけ、一瞬首の辺りにわずかな刺激をあたえるだけです。

そのため、どちらもカイロプラクターの熟練の技術が要求されます。

しかし、その分アジャストメントが達成されたときの反応は素晴らしいです。

低刺激で、効果がとても大きいため、すべての人にぜひ一度体験してほしいです。

ちなみに、私は現在シャーマンテクニックとFUCAテクニックを両方学んでいます。

 

 

では、FUCAフルスパインとは・・

 

カイロプラクティックの唯一の対象である、脊椎サブラクゼーションとは、首の骨の一番上と二つ目の骨(上部頚椎)に起こる背骨のズレであり、その結果、神経を圧迫してしまうことにより、脳と体のコミュニケーションがうまくいっていない状態をいいます。

それを開放することがカイロプラクティックの唯一の目的です。

 

それでは、なぜ首の骨以外にアプローチするのでしょう?

 

それは、サブラクゼーションが無いと思われる場合でも、上部頚椎以外の場所(背中の骨や、腰の骨)にもズレ(ミスアライメント)が起こることがあり、それを開放することにより、身体機能の回復はもちろん、サブラクゼーションを起こしにくくするという効果が期待できるからです。

 

そのため、FUCAスタイルでは、24個あるすべての背骨(フルスパイン)が対象となるのです。

 

FUCAスタイルでは、フルスパインの場合でも、ボキボキと物理的に骨を動かすのではなく、あくまで体の元に戻ろうとしている力を利用して矯正します。もちろん痛みはありません。

もちろんズレている場所を正確に特定するのは容易ではないため、多くの経験が求められます。

 

 

 今回は少し専門的なことも書かしていただきました。

このように少しずつですが、学んでいる専門的なこともブログで紹介していきたいと思います。

まだ理解の浅い未熟者ですが、応援よろしくおねがいします!