読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然と調和し”スナホ”に生きる (TUNE店主のブログ)

神戸で「ウツシ®」という整体でもないカイロでもない”生命エネルギー(元氣)の充電”を提供するオフィス「TUNE」の店主が、目からウロコの健康情報や、ちょっぴりスピリチュアルな話まで幅広くお伝え

カイロプラクティックとの出会い ~肺気胸による入退院、そして体調不良~

カイロプラクティックへの道 カイロプラクティック

f:id:hirokitune:20140116112417p:plain

 

これから何回かに渡って、私がなぜカイロプラクターを目指そうと思ったのかを綴っていこうと思います。


ちなみに、現在はウツシ®というカイロプラクティックから進化した最先端のメソッドをやっております。

 

✳肺気胸の経験については、新しく、より詳しく連載記事を書いていますので、気胸の記事がお目当ての方はこちらをお読みください(^^)↓↓

第一話 肺気胸での入退院の記録 



今日は、少しさかのぼりますが、まずは、自分がカイロプラクティックに出会った頃の話を書いてみようと思います。

 

おそらく5年ほど前(2008年ぐらい)のことです・・・

 

大学を卒業し社会人として働いていた頃、肺気胸という肺に小さな穴があく病気になりました。これといった治療法のない原因不明の病気であるため、しばらく入院し自然に治るまでまって、治ったら退院という処置を受けました。(その間、肺の穴から漏れる空気は管で抜き取ります。)

 

しかし何度か再発したため、手術に踏み切ることになりました。(肺の穴があく部位を切り取る手術)

 

全身麻酔によって行われた手術は成功し、それ以降再発はしなくなりました。

 

しかし、その全身麻酔による手術のあとから、原因不明の体調不良に悩まされることになりました。もちろん、その手術が原因かは分かりません。

 

じつは、高校のときにも同じ病気で手術をしています。その後も同じ症状で悩まされました。そのときは時間とともに回復し、100%とはいかないですが、元通りの生活ができるようになりました。

 

しかし、今回は術後の体調不良がひどく、退院し仕事に復帰したあとも辛い日が続き、とうとう仕事を休むことになってしまいました。

 

そのときに、「なぜ自分の体は他の人と違うんだろう?」「他の人は手術を受けても、その後元通りになるのに、自分はなぜ元に戻らない、もしくは戻るのに時間が大幅にかかるのだろう?」という疑問が浮かんできました。

 

病院で診察してもらっても分からないといわれ、胃の調子も悪く、胃カメラで検査もしてもらいましたが、問題は見つかりませんでした。

 

その答えを探しているときに、ふと鏡に映った自分の背骨が大きく歪んでいることに気づきました。(もちろん今、は背骨の歪みがすべて悪いとは思っていません。)

 

これは、何かあるんじゃないか?

 

そのときの気づきが、きっかけでインターネットで情報を探しました。

 

そして、パソコンのモニターに映ったカイロプラクティックの文字

 

そこに、書かれていたのは・・・

 

西洋医学とは異なる、アメリカ生まれの自然療法のカイロプラクティック

体の歪みをとることによって、自然治癒力を高め

病気や身体不調和を治す、根本治療。

 

記憶の範囲ですが、このように書かれていました。

 

これが、カイロプラクティックとの出会いでした。

 

※あくまでもその時みた記事で、今現在の自分の意見ではありません。カイロプラクティックを治療とは解釈していません。体の歪みが病気や不調の原因だとも解釈しておりません。

 

そして、いくつかのカイロプラクティック院のホームページを見て、一番自分にあっている(肩こりや病気を対象としたとこではなく、身体不調和を取り除いてくれそうな治療院)をみつけて、実際に受けてみることになりました。

 

そのときに受けたカイロプラクティックでは首にいろんな角度から刺激を与えるものでした。一回の治療は1時間弱といった具合でした。(何の知識もなかった為、どういうテクニックかは分かりません。)

 

驚いたのは、その次の日の朝です。

 

首と肩がすごく軽く、体調も前日よりは良く、

(とくに朝の体調不良が激しかったため)カイロプラクティックの大きな力を感じることができました。

 

そこは週に何度も通う必要がなく、徐々に間隔をあけていき、最終的には数ヶ月に一回でいいよと言われ、それもその頃求めていたモノに近かったと思います。

 

残念ながら、以前のように全快とはいきませんでしたが、カイロプラクティックの考え方に共感し、カイロプラクティックに大きな可能性を感じることができた、そんな出会いでした。

 

やはり、今までカイロプラクティックを受けたことがない人の場合、

初めて受けるカイロプラクティックがカイロプラクティックそのモノの印象を決めるのであって、非常に重要であると今思います。

 

自分も、これから少しでも多くの人に、本来のカイロプラクティックの良さを伝えていかなければいかないと思います。

 

とくに、これからカイロプラクティックを初めて受ける方や、以前良くない体験をして良いイメージを持っていない方には、本来のカイロプラクティックの目的をしっかりと理解して、感じとってもらわなければいけないと思っています。

 

その為には自分自身の理解をより深めていかなければと、ひしひしと感じています。

 

話がかわりましたが、これがカイロプラクティックとの初めの出会いでした。

 

次は、カイロプラクターを志そうと思った理由などを書いていきますね。

 

つづく